展示会の様子
  白隠禅師大墨跡展の様子です

 

   5月18日に、テレビ局の取材を受けました。
   開催中の5月23日には、静岡新聞に2人展の紹介が、写真入りで紹介されました。
   新聞記事の内容は、下記に。


            『ビーズと陶芸のコラボ楽しんで』 
                    焼津で2人展


 焼津市大栄町のギャラリー富士うさぎで23日まで、ビーズジュエリー作家 高橋加苗さん(静岡市清水区)と
 練り込み陶芸作家 室伏英治さん(富士市)の2人展が開かれている。
 プラハ国立歌劇団オペラ日本公演の衣装ジュエリーなども制作した高橋さんは、天然石や真珠などをオブ
 ジェのように大胆に配したビーズジュエリー作品を出品した。
 室伏さんは、色の異なる複数の種類の土で美しい文様や絵柄を表現する「練り込み」という手法を駆使する
 陶芸家。
 今回は、光にかざすと幾何学模様が透けて見える珍しい練り込み磁器の作品もそろえた。
 今回のために制作した2人のコラポレーション作品も展示され、来場者の関心を集めている。
 

 

 静岡新聞に記載されました
 記事の内容は、下記に。


     白隠禅師の書画紹介
 焼津市大栄町のギャラリー富士うさぎが6月2日
 まで、白隠禅師の禅画や書を紹介する企画展示
 『白隠禅師大墨蹟展』を同ギャラリーで開いている。
 白隠禅師は、江戸時代中期に現在の沼津市原に
 生まれた。
 臨済宗中興の祖とされる高僧で、書や禅画を数多く
 残した。
 大墨蹟展では、「達磨画賛」など約70点を公開した。
 主催者の増田嘉晴さんは白隠の力強い筆致や言葉
 に魅了され、長年作品を収集してきた。
 増田さんは 「白隠が書画で発したメッセージは現在
 でも通じる教えです。」とその魅力を語った。

     白隠展の作品を、熱心に見入る皆様、白隠禅師の話に花が咲きました。

開店早々大勢の方が、おいで下さいました。
展覧会の様子です。皆様、熱心に、見て下さいました。

     【繻エ淑男 陶人展】
 テレビ局が、取材に来て下さり
 陶人展の様子がテレビに流されました。

 

 
 静岡新聞に、記載されました
 記事の 内容は下記に。

   
人形作家の女性 ギャラリー開設
       焼津 初回は創作展
 焼津市駅北の人形作家、増田富士子さん(59)が
 2日、同市大栄町2丁目に創作人形教室を兼ねた
 ギャラリー 「富士うさぎ」を開設した。第1弾として
 自身の創作人形展も同日始めた増田さんは30歳の
 ころに趣味で人形制作を始めた。
 粘土で胴体を作り、古布で作った衣服をまとわせる。
 農作業や祭りの風景といった情景作品も多く生み出
 し、市民芸術祭の入賞経験もある。「手作りされる
 人々に、発表する喜びも味わってほしい」と、
 ギャラリー開設にふみきった。
 県道をはさんで自宅と向かい合わせの元日本料理
 店舗を購入し、古美術店「天宝堂」を経営する夫の
 嘉晴さんら家族の協力で展示会場に改装した。
 こけら落としの創作人形展は10日まで。
 
    『ビーズジュエリー展&練り込み陶芸展』

     静岡第一テレビのお昼頃に放映されました。

          
         『 春のよそおい 3人展』


  着物リメイクの杉浦康代さん。 プリザーブドフラワーの淡路春代さん。
  スワロフスキービーズアクセサリー アトリエAの相田郁乃さんは、
  ご近所の3人組、それぞれの個性が出た作品展になりました。

  女性のお客様で、賑わいました。


展覧会情報へ